『今からBlogやYouTubeを始めるのは遅いでしょうか?』『はい、遅いです』

YouTube
アキ
アキ

はいどうもはじめまして!アキです!

今回は質問箱やTwitterなどでたまにきかれる『〜〜を始めるには今からでは遅いでしょうか?』の質問について話していこうと思います。

 

スポンサーリンク

はい。遅いです。

ユーチューブでもブログでもアフィリエイトでも仮想通貨でも

一般人に『流行ってる!』『儲かるらしい!』『人気者になれる!』なーんて情報がくる頃にはすでに先駆者が美味しい所を取ってます。遅参は明白です。

ですがネットや本では『今から始めても遅くない!』『始めるのに遅すぎることはない!』なんて言葉が溢れています(そう言ってる人に限って結構なそのジャンルのパイオニアだったりする)

 

その質問をする時点で

まず第一にこの手の質問をする人は自身でもう始めるのが遅い事を薄々気づいてます。でなければこんな質問は出てきません。

例えば

30歳無職、職歴なしです。今から就活をしてみようと思います。遅いでしょうか?

なんて質問した人が居るとしましょう。

この人は遅いのを自覚したうえで『そんな事ないよ、遅くないよ』と言って欲しいんですね。

 

blogでもYouTubeでも

ブログでもユーチューブでも他のネットビジネスでもある程度のジャンルは先駆者が美味しい所を独占し、収益もその人達に集中しています。

実際に自分も動画投稿のハードルが今より格段に高く、競争がさほど激しくなかった2007年2008年頃にニコニコ動画でゲーム実況を投稿していました。

その当時は有名ゲームでもあまり実況している人はおらず、最初からある程度のコメントや再生数がありました。

ですが2017年に動画投稿を再開し、同じくゲーム実況をニコニコ動画とYouTubeに上げてみたのですが今度は全くと言っていいほど再生はされませんでした。

最近始めた方ならわかると思うのですが、有名どころの人気が不動になり、参入者も爆発的に増えたおかげで新規参入者は『目にも入らない』状態です。

昔と今では難易度が桁違いなんです。

 

人気の理由は人気があるから

元も子もない話ですが『人気者』の条件は『人気である事』です。

YouTubeでは知名度が大きければ大きいほど検索で上位にヒットし、人気は増していきます。

そして注目度が集まれば急上昇ランキングにのる、企業とのタイアップの話がくる、他メディアへの露出等々、更に人気と知名度が雪だるま式に増えていきます。

YouTubeでもニコニコ動画でも殆どの人が動画をランキングから探したり、直接探したい人を検索すると思います。

もしくは検索ワードで探すとしても検索上位の再生数のある動画を観るでしょう。

わざわざ検索した後にページを何ページも読み込んで奥の方にある再生数が100や10の動画を探して見る人は相当稀有なんです。

 

そして今から始めて上を目指す人は、知名度も人気もゼロの状態から今の不動の人気を得ている人達に追いついて押し出さないとダメなんです。

 

それって当たり前

中には『ズルい!』と思う人もいるかも知れませんが、先行者が優位なのはどの世界でも当然なんですよね。

会社でも

小さい会社の時から働いていてその会社が大企業になった』人と

その会社が大企業になってから新入社員で入った』人では同じ実力や経験でも到達点は変わってきます。

先行者優位は何処でも当たり前の事なんです。

 

でも結局は

ですがあくまでそれは同じ位の力量で『先に始めた人』と『後から始めた人』では先に始めた人が有利と言うだけであって、当たり前ですが先に始めた人が全員成功するわけでも後から始めた人が全員成功しないわけでもありません。

相当難易度は上がりますが後発なのに先発をごぼう抜きする人も現れます。

先発組で良いポジションを取っていたのに後発に押しのけられる人もいます。

結局は個人の才能次第で ある程度はどうにかなるんです。

 

今から始めるなら今が1番早い

これも当たり前ですが先行者が優位だからと言って過去に戻って始める事は出来ません。

やるのなら何事も『』『この瞬間』が1番早いんです。

明日は今より遅いし不利です。1年後は手遅れかも知れません。

例えば

50代女性です、英語が全くわかりません。今から英会話の勉強をしても遅いでしょうか?

という人がいたとしましょう。

遅いか早いかで言ったら遅いです。

10代や20代で英語の勉強をするよりも はるかに苦戦するでしょう。

ですが英語の勉強を今から頑張ったら、10年後。海外旅行に行った時にカタコトで話せるくらいにはなっているかも知れません。

ですが『今からじゃ遅いよなー』『もう少し考えてからにしよっかなー』なんて考えていたらあっという間に手遅れです。

 

最後に

もし自分が始めたい事。始める前提の事が『遅いかな?』と感じているのならば それはほぼ間違いなく遅いです。

ですがマラソンでも皆がスタートを切った後に遅れて走ろうと思ったらさっさと走り出しますよね?急ぎますよね?

なので考えるよりも先に動き出してみましょう。

そうしないとその事が向いているか向いていないかもわかりません。

もしくは先行者に追い付こう追い抜こうと思うから変に色々悩むのであって、第一目標を『楽しむ』にしてみてはどうでしょう?

自分がそうだったんですが気を張らず、楽しんでマイペースに進んでいれば案外続けれますし、遅くても結果が少しづつついて来るものなんです。